めかりる

カエル、変える、買える、帰る、考える

夏クール。お姫さまがいっぱい。すごい! からの、ゆかりん '17 秋クールはゼロ?

ナイツ&マジック』 のエレオノーラ王女とか、『異世界食堂』 のヴィクトリアとか。

『魔法陣グルグル』のミルカ姫も。グルグルは、1 期は超視てたし、原作も読んだはずなんだけど、ほとんど忘れてました。「晴れてハレルヤ」の奥井亜紀さんが大好きだったので、『ドキドキ~』は視てなくって、今回も少しだけ期待してたけれども、復活しなくて残念。思い出補正がかかる分、古めの作品のリメイクの難しさをしみじみと。

『魔法少女なのは Reflection』、無事に行ってきました。

A's と StrikerS 間の新規シナリオだって思ってたけど、ゲーム原作だったのね。とはいえ、後半 Detonation に期待できそうな出来で満足ですよ。やっぱり、なのはの砲撃は元気でるなー。

f:id:slashnsk:20171127130452j:plain

サイン色紙の週に行きたかったのに、どうにか滑り込みで最終週。缶バッジがなのはで、一日中しあわせだったのは言うまでもなく。

ゆかりん '17 の秋

秋クールのアニメレギュラーは見つからず。『血界戦線 & BEYOND 』 7 話のゲストで見つけたくらい。

音楽活動に注力なのかしら。ラジオ撮りも 8 月中旬から、ひと月くらい空いてたみたいだし、LOVE LIVE 2017 crescendo carol があったり、ミニアルバム発売だったり。

ミニアルバムもラジオで流れてるのを聞いたくらいで未入手なうえ、(福岡人なのに)アビスパ支部でもないという、国籍維持が危ぶまれるくらいの身としては、20 周年はっぴがのどから手が出るほどに。あ。昨日(11/26)、東京ヴェルディに勝って、J1 返り咲きまで、ほんとにほんとにあと 1 勝ですね。阪口大助さんと仲が悪くならなければいいけど。

ところで、Cana aria って MAGES. 傘下なんですね。ゆかりんの個人レーベルみたいな?

YouTube の 「14秒後にKISSして」 MV をエンドレスで流す毎日。14 秒も待てません。

ゆかりんじゃなくても、おもしろそうなもの

夏クールの消化がひと段落で、秋クールはようやく見だしたばっかのものが多いのです。もう 12 月が目の前なんだけど、Vivaldi のアップデートもあったんだけど、これはこれとして書いておかないと。自分が迷子になりそうなので。で、いまさら。

ボールルームへようこそ』は、2 クール目になって俄然面白くなりましたね。

アニメガタリズ』は、ぶっちゃけ 1 話切り対象だったんですけど、思い立って、3 話まで見て、3 話切り対策にまんまとハマって継続中。

Just Because!

とりあえず、前評判どおり。ヒロインの等身大感がすごい。キャラクター原案の比村奇石さんの絵は、SAO 漫画で好きになってたので、『月曜日のたわわ』もハマってました。

こういうの、多角関係に入らない異性キャラをどれだけかわいく描けるかで自分の中でのありなしがだいたい決まっちゃうわけで。この作品では、小宮ちゃんにぞっこんできてるので、すき。

3月のライオン 第2シリーズ

安定の第 2 シーズン。いまのところ、ひなちゃんのイジメ問題を丁寧にやってて、ここが見せ場のひとつだったりもするんで、心を痛めながらも目が離せません。

ふと気づいたんだけど、零くんの声のテンションが、第 1 シーズンのときより高い気がして、これは、作中の主人公の心境の変化の反映なのか、鉄血とアトムとが終わって、河西さんになんらかが起きたのかとモヤモヤ。

で、だ。初回 Chapter.47 に、待ちに待ったラムネ回が!

え? 水、そんだけ?? って見てたけど、ブドウ糖の量も少なそうだし、量的に換算すれば 7g くらいになるのかしら。

前半、理科室で将棋を指す旧科学部の生き残り 2 名の腕前は。

f:id:slashnsk:20171127132133p:plain
(c)「3月のライオン」アニメ製作委員会

影の付き方からして、先手番(手前)が太田君のようで、これは矢倉でしょう。加藤一二三九段リスペクトの 3 七銀戦法やっちゃってーみたいな駒組み。って、見ててわかるくらいには指せてるようで。野口先輩の将棋格言カード、いいですね。ほしいです。単行本のおまけにどうですか。

加藤九段は、らしき人が原作に 1 コマ出てきますけど、さて、どこでしょう。

クジラの子らは砂上に歌う

今期の J.C.STAFF 本気枠。とにかく背景がすばらしい。原作未読だったんだけど、初回後にうっかり単行本に食指を伸ばしてしまったくらい。

今期の J.C.STAFF 本気枠。とにかく背景がすばらしい。原作未読で楽しみにしてたのに、初回視聴直後には、うっかり単行本につい食指を。

砂の世界って設定が珍しくって、なつかしい大塚英志×田島昭宇の『魍魎戦記 MADARA 赤 LASA』を思いだしました。

あと、団長さんが神谷浩史顔だなー、と思ってたら、「 CV 神谷浩史」で、ひねりねーな、と。

幼馴染ヒロインとリコスとの三角関係勃発かってワクワクしてたら、いきなりの退場。自分はギンシュ姉さんにぞっこんですんで、どーぞ。

少女終末旅行

これまた世界観の勝利。世界観アニメのご多聞に漏れず、背景がきれい。活劇モノとは違って、話はのんびりと進むんだけど、こういうの飽きないんだよねー。

CV が付いて、より『苺ましまろ』感が。自由すぎるボケと振りまわされる常識人のツッコミとか、「ちーちゃん(ちぃちゃん)」とか。

夏クールふりかえり

『メイドインアビス』は、圧倒されるくらいの完成度で、すごいよかった。『ナイツ & マジック』は、説明部分をキャラクターのセリフにさせなくって、テンポよく楽しんで視れました。

『ようこそ実力至上主義の教室へ』は、良くも悪くもこんなもんかなと。もうちょっと話が進まないとおもしろくならないんじゃないっすかね。

『賭ケグルイ』は、最後の会長戦はオリジナル展開かな。もっかい書いておくけど、ED の夢子さん。ありゃーないッス。上から下まで隙がなくって。でも、スカートの裾のちょっと下に見えるタイツのラインにこそ色気を感じさせるってのがサイコーなんス。はだけるのはダメっス。下品ス。

『 NEW GAME!! 』も期待どおり。青葉が描いた「 PECO 」のイラストもそれはそれでよかったのに、やっぱり八神さんの描いたイラストを見ちゃうと、こっちが断然いいなと。「絵で説得力」ってやつを見せつけられました。それにしても、「 PECO 」がすごくおもしろそうな。どっかで出ないんですかね。

プリンセス・プリンシパル

節穴だなー、と思うのが、これがノーチェックだったこと。よくある、女の子たちがキャイキャイするアレかって、思って HDD の肥やしになってたんだけど、ふと見ちゃったら、止まらない止まらない。

今期めかりるさんとこの嫁大賞

そんなわけで、唐突に始めようと思った、3 カ月ごとに代わる俺の嫁を記憶に残しつつ記録する心意気の第 1 回は、『プリンセス・プリンシパル』のちせちゃんが受賞。父親との決着をつける殺陣シーンのオリジナリティーや最後に助っ人に現れるゴエモンっぷりに惚れました。

ん?「日本」から? 「ロンドン」にやってきた? 「ちせ」? そんなのが今期にもいますね。

次点に、滝本ひふみ先輩、ナイツマの双子の妹の方。ちなみに、第 0 回は『正解するカド』の徭沙羅花さん。