めかりる

カエル、変える、買える、帰る、考える

上野の東博で鳥獣戯画東博断簡に初もうでしてきたよー

UENO, TOKYO.

行ってきました!

『鳥獣人物戯画』東博断簡は、断簡で唯一実物を 2015 年の京博で見たことがあって、どうしよっかなーって思ってたんですが、ちょうど東京に別の用事があったもんですから。

f:id:slashnsk:20180201113431j:plain

初の東博でふだんはあまり足を運ばない通常展だったので、じっくりみちゃって、一巡りに 4 時間弱かかっちゃいました。なーんと「撮影 NG 」の表示がなければ撮影できるっていうことも知らず、カメラ持参でなかったのが残念でして。うそ。前日、某喫茶店に置き忘れ。後日回収。東京にもいいひとがおるんやね。ので、最近買い替えた MONO MO-01K でパシャパシャ。けっこうノイズがのってるなー、な記録代わりのエントリーを。

2018 年、東博「博物館に初もうで」

Read more

docomo の -525 円スマホを手に入れたぞ。MONO MO-01K レビュー

ドコモの格安スマートフォンブランド MONO 第 2 弾は、なんと -525 円? マイナスになる仕組みと MO-01K 実機レビューです。

f:id:slashnsk:20180115161551j:plain

前回、なんだかんだで購入を見送る感じのエントリーでしたが、ついついシリーズ二代目 MONO MO-01K に手を出してしまいました。

結論から書くと、変えて良かった。まぁ、それぞれで合う合わないはあるでしょうから、実機のレビューをしつつ、お得感がでる使い方を考えてみます。

  • まずは -500 円の仕組みから
    • MO-01K の次の端末への機種変更の時期
    • 新 MONO を店頭で買うと -500 円にならない件
  • シンプルな外観にして必要十分な機能! なんだけれど、初代よりも低下した部分も
    • 脳みそデータ
      • ベンチマークテスト
    • からだの大きさと見た目
    • 体力と生存環境
    • Wi-Fi 通信とか
  • カメラの画質はほぼかわらず
  • 純正アクセサリ
  • まとめ : 二代目 MONO はこんな人におすすめ

まずは -500 円の仕組みから

Read more

ウィンドウパネル VS タブバー Vivaldi 1.13 アップデートレビュー

Vivaldi 1.12.955.38 から 1.13.1008.32 へのメジャーアップデートを経て、Vivaldi 1.13.1008.34、1.13.1008.36、1.13.1008.40 の 3 回のマイナーアップデートがありました。

11 月末に 1.13 がリリースされていて、Stable (安定版。メジャーアップデートのバージョン)は 6 週間ごとのリリースが目標 であることが明記されています。つまり、ついにシンクロ機能搭載の 1.14 が目前であります!

なんと、このエントリー、12/24 からあれこれ書き始めてすでに 3 日目。徐々に、リリースからレビューまでの間隔が空いてきたんですが、それは最近のすぐ分かる変化以外の更新内容を追っかけるのが難しくなっちゃったから。技術的な意味で。

そんなわけで、1.13 メジャーアップデートでの新機能、ダウンロード機能とウィンドウパネルについて。ほかに「隠れた部分の強化( brings under-the-hood enhancements )」が目玉のようで、これはコメントなどから、「軽くなった」とかメモリ管理とかの基本性能についてなのかな。あと、最近の謎の Japan 推しなど Vivaldi 界隈の話題などを。

Japan 推しといえば、ついについに Vivaldi 日本語公式ブログ ができちゃいまして。このブログでリリースノートの紹介なんぞやる意味もないなーとますます思わなくはない。あくまでレビューですから!

f:id:slashnsk:20171226145534p:plain

はい。懲りずに Vivaldi 1.13 の、勝手恒例、リリースノートで気になった点と定点観測です。

Vivaldi 1.13.1008.34 リリースノート

Read more